So-net無料ブログ作成
検索選択

妊娠初期の 旦那さんの理解 [妊娠初期]

スポンサードリンク







スポンサードリンク


妊娠したら一番頼りになるのが旦那さんであり
一番頼りにしたいのが旦那さんです。

しかし残念ながら そうでないことが多いです。
以下は私の経験談です。
最初の子、長男を妊娠した時のことです。

妊娠直後から下腹部の痛みや倦怠感や頭痛など不調で
さらにすぐにつわりが始まり
私は息をしているのが精一杯の生活でした。

そんな中 夫は「つわりは 気持ちの問題 って聞いたぞ」
と人から聞いたことしか信用せず
私の意見を聞こうとはしてくれませんでした。

どんなに訴えても 寝耳に水だったので
仕方なく体を動かします。
まだ新婚と言われる時期だったので
新婚早々ぐうたらな嫁と烙印されるのも嫌でしたから
体にムチを打って動きました。


5ヶ月の安定期を迎える頃でした。
もうつわりも楽になるだろう
体も少しはらくになるだろう
と毎日カレンダーを睨みっこしていた
そんなある日

トイレにいった私は悲鳴をあげました。




ポタポタポタっと
鮮血が落ちたのです。



たまたま夫が在宅だったので
車に乗せてもらい救急に駆けつけました。

そのまま車椅子に乗せられ
絶対安静。許されたのはトイレだけ。

切迫流産でした。



幸い長男は元気でした。
本当にありがたかったです。



これを機に夫は少しずつ私の言葉を聞き入れてくれるようになりました。

最悪なことにならずに済みましたが、
そんなことがあってからでは遅すぎます。

もっともっと男性が理解してくれたらいいのに
と願います。

サボりたいだけだと思われてしまうのが辛いです。


ここをどう改善していけばいいのか
もう少し考えて、また記事をアップしたいと思います。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。