So-net無料ブログ作成
検索選択

一人ではない [頼れる人がいない]

スポンサードリンク







スポンサードリンク


妊婦さんを卒業されて
無事、わが子とご対面しました
という報告をいただきました。
Kさん、おめでとうございます^^


ちょっと時間があいてしまいましたが
久々にこのブログの管理画面を見て驚いたことがります。
それは一番閲覧数があるのが
2015年2月15日の記事
「実母も義母もいない。実家なし、頼れる人なし、の出産」
こちらなのですが、
閲覧数が他の記事とはダントツの差だったのです。

他の記事が100だとしたら
この記事は10000くらいの差です。


実は、頼れる人がいない、孤独な出産を迎えなくてはならい妊婦さんって
けっこういらっしゃるのではないかと思いました。

不安で不安でしかたないですよね。。。



長男を妊娠している時に
夫の仕事関係で取引会社のイベントに参加したときのことです。
たまたま隣に居合わせた女性がいまして
ちょうど同じ月齢妊婦さんでした。

里帰り出産の話になって
嘘も面倒なので、
私は両親がいないので里帰りしないこと、義両親も頼れないこと
などを告げると彼女は
「え?どうするの?そんな、どうするの??」
と、さも自分が悲劇のヒロインになってしまって絶望の淵に立たされているかのように
私に連呼してきました。

普段外では平静を装っている私でしたが
これには私も応えました。
私は普通に話したつもりですし、心配でどうしようもないなんて一言も言ってません。
でも、内心はもちろん毎日不安でした。

産後はどうなるのか、家事はどうしようか
着るもの、食べるもの、あかちゃんのお世話、自分の体
あらゆることに不安と心配を毎日抱えていました。
でも、外では一切出さなかった。
みじめになるし、言ったところで相手が何をしてくれるかなんて期待もしたくなかったからです。

それを初めて会った人に
心の奥底の傷をえぐられるように
不安をさらにあおられて
私はいてもたってもいられなくなって
私はその場をさりました。


彼女も不安だったと思います。
私と同じように初産だったので、
痛みや赤ちゃんのお世話など未知の世界への不安を毎日抱いてたいのだと思います。
でも、里帰りするし、そこには頼れる実母がいるから
平常を装っていられたのでしょう。


前にも書きましたが「いないもんはいない」んでしかたがないです。
そりゃあ、私も妊娠中は毎日のように空を見上げて泣きました。
でも、いないんだからしかたがない。



不安をあおる人とは距離を置くしかありません。
それより度胸と知恵を与えてくれた方がよっぽどいいです。

妊婦に不安は天敵です。
大丈夫、そういってハグしてくれた方がまだいい。


二人目ともなると
出産には助産師さんもいるし、病院のベッドはあるし
医療は整っているし
野生動物みたいに母親一人っていう環境での出産ではないこと
なにしろこれから生まれてくる「赤ちゃん」がいる。
一人ではない

そう、一人ではない


一人ではないんです。


不安で仕方ない妊婦さん。
あなたはもう、お母さんなんです。


お母さんは強くならなきゃだめです。
強くならざるを得ない存在なんです。

頼れる人がいないと泣いている…
それじゃぁ生まれてくる赤ちゃんは誰を頼りに産まれたらいいんでしょう?

お腹の赤ちゃんは、
あなただから
あなたがいいからと
あなたを信じて生まれてくることを忘れないでください。


不安で心配でたまらない、
それは当然だと思います。
否定はしません。

けれど結局は どうになかる んです。

家の中はめちゃくちゃだし、
洗濯ものも山のようだし
台所も食器の山。

それでいいんです。
できないからって自分を責めることはない。
赤ちゃんのお世話でわからなくても当然。
赤ちゃんが泣きやまなくったっていいんです。
(放置しろって意味じゃないですよ)


使えるもの、頼れるものを使い倒してください。
赤ちゃんが泣きやまない
→出産した病院に電話。
 もしくは、市の保健センターに電話。

家事ができずに明日着る服、食べる物もない
→市役所に電話してください。
  その市によって管轄が違うので代表電話番号でもいいです。
  育児、産後のことで困っていると伝えたら担当の課につなげてくれます。
  そうすれば、そこで市が行っているサービスや民間事業を教えてくれます。

私が住んでいる地域ではファミリーサポートなどあります。
また民間では生協のお助け会員などあります。
探せばあるんです。

しかし、そういったサービスも受けられないほどお金に余裕がない場合
それも市へ電話した時に相談してください。
なんらかの答えを教えてくれるはずです。
それが彼らの仕事なのですから。
徹底的に利用してください。

何度も言います。
あなたは一人じゃない。
大丈夫。

大丈夫。

大丈夫。


生まれてくる赤ちゃんも、
きっとあなたの笑顔を待っています。


自分を信じて乗り切ってください。





タグ:出産 初産

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。