So-net無料ブログ作成

妊婦さんの防災対策

スポンサードリンク







スポンサードリンク


3月11日ですね。
忘れもしないあの日。

私が住むのは西日本ですが
毎年この日が来ると
あの日の衝撃と悲しみを思い出します。

今日は、妊婦さんがもし災害にあったら…
万全をきす方法を考えたいと思います。



突然襲う災害への対策


体の自由がきかない身重にとっては
とてもあっては欲しくない災害。

どのような心がけをしておく必要があるでしょうか?

・常に手の届くところにマザーズバックを置く癖をつけておく。

・マザーズバックの中に
 救急セット(コンパクトのもの)、止血パッド、除菌シート、母子手帳(緊急連絡先を記入しておく)
 など入っておくと安心です。

・近所付き合いをしておく
 何かあった時「あの家には妊婦さんがいる!」と気づいてもらえます。
 難しいことをする必要はなく、日ごろの挨拶をしておけばいいと思います。

・避難手段、避難先、避難時の動きをシュミレーションしておく。
 いざその場面になると、体が自由に動けない場合があります。
 あの部屋を通ると棚が倒れてきていたら困るな、あっちから行こう…
 というふうに、一度避難回路を確認しておくといいでしょう。

・旦那さんや他の家族への確認。
 お腹の赤ちゃんと母体である自分の身の安全に集中できるよう
 避難時の旦那さんの役割と分担を確認しておきましょう。


まだあるかもしれませんが
備えあれば憂いなし。
今日の日を防災確認の日と決めて
一度ご家族と防災チェックをしてみてはいかがでしょうか?



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。