So-net無料ブログ作成

陣痛の不安を和らげる方法 [妊娠後期]

スポンサードリンク







スポンサードリンク


妊娠後期になると
じわじわと陣痛の痛みの不安が時々襲います。

私は3人産んでますが
初産の時はしかり
二人目、三人目であろうと
あーあの痛みをまた経験するのかぁ…と
思い出してブルーになっていました。

産んだら忘れるあの痛み。
出てきた赤ちゃんを見ると
その幸福感で死ぬような苦しみも忘れ去ってしまいます。

けれど痛いのは痛い。
やっぱり痛いんです。

三人目になった時、
一つ考え方を変えました。




「私だけが苦しいんじゃない
 赤ちゃんも苦しいんだ。」

「赤ちゃんもがんばっている!!」


陣痛は赤ちゃんからアクションを起こして起こります。
赤ちゃんが出てこよう、出てこようと
体を回転させながら頑張って出てくるんです。

母体である私だけが苦しいんじゃないんだな。
赤ちゃんの動きに合わせて
私もがんばんなきゃって

そう思ったとき
ただただ痛いと思っていた陣痛への考え方が変わりました。

2人3脚で頑張っているんだ。

「痛いの早く終われーーーー!」って
闇雲に力んでいた一人目二人目とは違って
お腹の赤ちゃんを意識したお産は
痛み方がなんだか違いました。

一人目二人目で傷ついた会陰も
三人目は傷つかなったんです。
(ふつう過去の出産で裂けたら、次も裂けやすい)

赤ちゃんのリズムに合わす。
そして
赤ちゃんに任せる、ゆだねる。

そうすると
無駄に力み過ぎずに済みます。


なかなか難しいでしょうか?
これって
お産までにいかに赤ちゃんと絆ができているかってことも
左右されるんですよね。
意思疎通できてるか、というか。。。

過去記事に「胎教」は話しかけてあげること
って書きましたが
普段から話しかけてあげてると
お産の時も
もしかしたら楽になるかもしれませんよ♪

だって私は
「あんまり痛くないようにしてね。」
って3人目の末っ子に話しかけていましたから。
出産、痛いのやだなぁって不安がよぎるたんびに
そう声かけてましたよ(笑)


ものはためしです。
不安になったら赤ちゃんに頼む!
やってみてくださいね。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。